お金が足りない時の対処法

生活費が足りない、冠婚葬祭でお金が足りない、事故や病気で治療費が足りない、困った時は遠くの親戚より近くの他人といいます。身近にお金を借りる方法として、カードローンがあります。うまくいけば手続きからその日の内にお金が借りられます。

 

 

今お金に困っているならば、消費者金融のカードローンがお勧めです。何故カードローンならば遠くの親戚よりも頼りになるのか、それには大きく3つの理由があります。

 

カードローンなら手続きが簡単

消費者金融のカードローンを契約するには、担保や保証人は不要です。本人確認書類があれば申込みが可能です。お金の借入れというと手続きが面倒そうですが、保証人を探したり、同意をもらったりは必要ありません。

 

カードローンの申込みには条件があります。成人して安定した収入があれば、基本的に申込みが可能です。例外としては高齢者の場合に年齢で引っかかる場合があります。また、自分自身に収入がない、無職の人は基本的に申込みができません。逆に安定した収入があれば、正社員でなくとも申込みは可能です。

 

例えば新卒、自営業者、派遣社員、パート、アルバイト、全てカードローン申込みができます。

 

契約は店頭だけでなく、電話やネットからでも可能です。特に日中時間が取れない人にとって、ネットでの申込みは便利です。24時間申込み可能なので、早朝や深夜でも申込みができます。また、スマホやパソコンさえあればどこででも申込みができます。

 

大体の人が申込みでき、どこからでも申込みが可能ですが、注意点が1つあります。カードローン申込み時には審査があります。返済能力が無いと判断されると審査に落ちてしまい、融資を受けられません。消費者金融を勧める理由はここにもあります。

 

銀行などでもカードローンの取り扱いはしていますが、消費者金融のカードローンは審査がそれ程厳しくないという特徴があります。

 

ただ、審査の基準を満たせれば銀行のカードローンを利用するほうが良いのは言うまでもありません。金利面などを考えても銀行はやはり優れているので、借りられる見込みがある方であれば金利で注目を集めるオリックス銀行の低金利カードローンがおすすめです。

 

カードローンは融資が早い

遠くの親戚より頼りになるのは、その融資の早さによるところが大きいです。通常のカードローンの手続きの流れは、申込み、本人確認、審査、本契約、カード受取、という流れとなります。クレジットカードなどでは審査に時間がかかり、2週間以上かかるケースも珍しいものではありません。

 

しかし、カードローンは審査の時間が短いので、融資までが早いというメリットがあります。大手消費者金融の場合、審査は最短30分で終わります。本契約は店頭や無人契約機で行えば、すぐにカードを受取れます。申込みから融資まで、1時間程度で終わってしまうので、急ぎの人にこそ必要なサービスといえます。

 

ネットで本契約の場合、カードは後日受取りになります。ただし、14時までに申込みができれば、自分の口座に直接お金を振り込んでもらえます。この方法なら、その日の内にすぐにお金が受取れます。

 

カードローンは返済しやすい

カードローンの契約時の不安の1つに返済があります。カードローンは返済の金額もタイミングもかなり自由がききます。毎月、または35日毎に返済期日がありますが、それまでに返済ができます。返済期日は選択できる消費者金融が多いので、給料日後など都合のいい日にちを選択するとよいでしょう。

 

返済方法としては口座引き落としもできますが、ATMでの返済が便利です。返済するからといって、毎回消費者金融の店舗へ足を運ぶ必要はありません。提携ATMが全国各地にあるので、そこで入金すれば返済が可能です。

 

特に便利なのがコンビニATMです。全国あちこちにあるので、出張や旅行などで遠方にいても楽々返済ができます。仕事が残業で遅くなった時にも、コンビニATMならほぼ24時間返済が可能です。コンビニATMでは返済だけでなく、借入も可能です。

 

大手の借り入れ先ほど返済は便利に行える傾向にあり、消費者金融でも有名どころとなるプロミスにおいては、プロミスのATMの他に多くのコンビニや金融機関のATMで返済が行えるようになっています。

 

仕事で時間が遅くなってしまった方でも素早く返済ができるため、困ったときにはスピーディな借り入れが可能となるプロミス浜松市の契約を進めてみましょう。